ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

1発達障害 3生き方・働き方

No.80指摘と信頼関係

投稿日:2022-07-22 更新日:

指示に混乱しやすい発達障害者

「自分はこんなカンタンにできるのに、どうしてこの人はできないんだろう?」と思われがちなのが発達障害あるあるです。私は日常「できない部下」っぷりを発揮して上司の小言や時に怒りを買っています(;゚Д゚)

しかし欠点をズバズバ言ってしまう態度ははっきり言って「悪手」なんですよね。

定型発達の人(発達障害ではない人)でも注意をズバズバされると萎縮してしまうと思うのですが、発達障害があると、普通にできる能力まで発揮できなくなってしまうんですよね。以前の記事で書いた「セルフ・エフィカシー」(自分はやれるんだと思える力)を下げ、わざわざ失敗するように自分を誘導する「負の暗示」がかかるんですよね。

高速道路で自動車を運転しているときに、片側二車線の狭いトンネルに入ったときにセンターラインに寄ってしまった時に「ほらダメじゃん。真ん中寄り過ぎだよ!」と言われるとなぜかセンターラインに寄っていってしまう経験はありませんか?
仕事で上司から「違うでしょ!ほら、これをこうして!」と注意されればされるほど、考えがまとまらなくなり、作業が遅くなる経験はありませんか?

1つ1つの指示はもっともでも、聞くことを意識しすぎる事で中身が頭に入ってこず、できるものもできなくなっていくというのが発達障害ではよくある事なんです。結局教える側は相手によかれと思って教えたつもりが、逆に相手を縛り動けなくしているのです。

では発達障害の人にはどう教えるのがいいのか?

実は発達障害の人にはあえて「教えない」のがプラスに働くことがあるんです。正確に言うと「意識させない教え方」というやり方ですが、これは実際のコーチング手法としてアメリカで確立されています。例えば野球のバッティングを指導するときに

「振り始めの肩の動かし方はこう」「腰はこう回しなさい」「足はこう踏み込むんです」

ではなく

「ボールの縫い目をみなさい」「バットがどこにあるかイメージして」

と言う方が選手はリラックスしてバッティングに集中できるとのことです。

理由は前者が「教える側の観察」、なのに対し後者は「教わる側の観察」が働くためだそうです。別の言い方をすると前者が「相手発」の意識に対し、後者は「自分発」の意識であり、こういう「教えない教え方」がコーチングの極意なんだとか。

確かに発達障害があると相手の指示通りに動くより自分に任せてもらった方がうまく行く事が多いと思いませんか?自分に任せてもらう、というのをもう少し掘り下げると

「自分で自身の観察を促すこと」

なんだそうです。はこれこそが発達障害の人が生き生きと行動・活躍するための秘訣なのです。そしてもう1点

「抽象度を高める」

なんですね。つまり「肩はこう動かす」「腰はこう回す」「足はこう踏み込む」という具体的な指示では他人目線に縛られてしまいます。そこを「縫い目」「バットの位置の確認」という漠然としたイメージをすることで「どういうことだろうか?」と勝手に頭が回転しはじめるそうです。これこそ自分目線で考えることになるんですね。

指摘の成功は信頼関係にかかっている?

このように「抽象度の高い話をして相手に考えてもらう」という行為はコーチングを行う際にも大切な「信頼関係」を作るのに欠かせないそうです。「信頼」という言葉は日常よく使われますが、改めてその意味を問われると難しいと思いませんか?

人に何かを教えるときに大事なのは方法論や技術ではなく、「ラポール(信頼関係)」なのだそうです。ラポールはフランス語で「関係や類似点」という意味です。心理学では「信頼関係」の意味として使われています。ここで必要とされるラポールは「私はあなたの仲間です。だから安心してください」というメッセージです。こういう信頼関係を重視したメッセージを送る事でただの「教える教えられるという上下関係」ではなく

「信頼できる上下関係」

に発展するのです。

どうやってラポールを築くのか?

最後にラポールを築くにはどうすればいいのか?これは太古の時代から人が他人を信じるときの心理と同じです。「この人は獲物を奪い合う敵なのか?それとも協力して獲物を狩る仲間なのか?」を判断するとき、人は何を判断材料の尺度としていたのでしょうか?

それは「類似性」「共通性」です。具体的には、

同じ見た目(服装、髪型、表情)をしているか?

同じ文化(価値観、マナーや作法、言葉遣い)をしているか?

こういう類似性は現代社会においてもラポールを築くうえで欠かせません。そういう意味ではどんな場面でもTPOをわきまえる事は大事で、とりわけ相手に対して信頼感をもってもらいながら強制力のある指摘をするときは十分に気を付けた方がいいです。相手がフォーマルな服装をしているのにカジュアルなTシャツやジーンズを着て注意する、敬語を使うべき職場でやたらとタメ口で馴れ馴れしく話しかける、というのは悪手なんですね。

「正解は相手の中にある」

これを意識していると相手と信頼関係を築けるそうです。プラス抽象的な言葉で考えさせる指摘をしていきましょう!そして注意するときは褒め言葉も1つ用意しておくと相手も抵抗感なく受け入れてくれるかもしれません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-1発達障害, 3生き方・働き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.79やる気とドーパミン

5月ももう終わりです。最近は聞かなくなりましたが、昔は5月病といって、学生や社会人は環境や生活スタイルの変化に心や体が十分に適応できず疲労を感じやすくなる時期です。適度に休みましょう。私も3月から仕事 …

No.23発達障害の仕事ハック

発達障害のある人は障害に合わせた配慮を頼みたくても、恥ずかしいし申しわけなくて言い出せない人もいると思います。またコミュニケーションが苦手で言い出せないケースもあると思います。言い訳がましくもならず、 …

No.55ASDの就労困り事

私は発達障害特性のある人の仕事への向き合い方って3段階あると思っていて、 1.発達障害であることを自覚する 2.薬や診察で仕事上の弱みの対応を取る 3.自分の強みを自覚して自己肯定感を高める という手 …

No.7伝えるコツ(氷山モデル・逆算思考)

聞き手がわかるかどうかを想像せずに思ったままの言葉を話して相手に(・・?という顔をされたり、伝わるには伝わったけど勘違いされたりした経験ありませんか?他にも「自分の伝えたいことを正確に伝えよう」と張り …

No.26ストラテラ(怒りのホルモン)

私はADHDの治療薬、ストラテラ(ジェネリック名称アトモキセチン)を飲んでいますが、この効果について書いてみたいと思います。 ストラテラの効果とは? ストラテラは気が散りやすく集中できないADHDの集 …