ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

2思考のクセ・他者理解

No.74(他者理解)タイプ別人診断1

投稿日:2021-07-03 更新日:

最近読んだ本では発達障害者の9割が人間関係のトラブルを抱えているという記事を読みました。「まあそうだろな」と思いましたが、人間関係トラブルって分かっていても防ぎ方が分からないのが発達障害当事者なんですよね。ただ前から「こうすればいいんじゃないの?」というのを自分なりに研究していて、「タイプ別人診断」というシリーズものの記事まとめていこうと思い記事を書きました。(思い付きの単発ではなく継続して書けるかが課題ですが)タイプ別に分ける目的は2点あって、一つ目は「コミュニケーショントラブルを起こさないようにする」という自分の発言の事故予防、もう一つは自分と同じかそれ以上めんどくさい人とのストレスを避ける」というリスク回避です。

最初は前者の自分の発言の事故予防しか考えていなかったのですが、最近になって実は後者が社会で生きる上では大事なんですよね。。。社会に出て働いたり趣味のサークルに入ったりすると「不機嫌系(不快をまきちらす系)」「自己中心的系(支配系)」「無神経系(心をナイフでえぐる系)」など、つい顔をしかめたくなるようなタイプが結構います。まあ自分も「締め切りや時間にルーズ」「一度指摘されたミスをま連続してやってしまう」というだらしのない人間なので少なからず人様に迷惑をかけながら生きているのですが。

嫌いな人=私を怒らせる人

今までの人生の中で「この人嫌い」と思った人は何人いますか?小中学校、高校大学、社会人、知り合いだけでなく外出先で見かけた人も加えれば数えきれない程いると思います。ではなぜ人を嫌いになるのか?それは「自分を怒らせるから」なのです。相手から攻撃される可能性を予測した時、人間には怒りを感じるシステムが起動します。具体的には不安や恐怖を管理する「扁桃体」という部分が反応し、ノルアドレナリンという真剣伝達物質により興奮状態を引き起こし不快感や恐怖を発生させるのです。それが「怒っている」という状態です。これは太古より人間が肉食獣から捕食されそうになった時に自分の種を守るための本能的かつ生物として必要な感情です。いつしか人間は地球上の食物連鎖の中でトップに君臨したわけなのですが、今度は肉食獣の代わりに同種の人間から社会的に自分を守るために怒りのシステムが起動するようになったのです。ただ社会生活を送る上で「キレる」回数が高頻度だとノルアドレナリンが出っ放しになってしまいかえって争いが勃発しやすくなる上、血管が傷つけられるという健康阻害要因にもなる諸刃の剣なのです。

ここからやや脱線しますが・・・心理学の「愛着理論」によると幼児期に親などの養育者と、安定的な関係を築くことができた人は、大人になってからも安定的な人間関係を築きやすい、つまり怒りが発生しにくくなるのです。愛情という情緒的な結びつきの形成が、大人になってからの怒りやすさに大きな影響を与えるんですね。愛着を形成するために重要なのがオキシトシンというホルモンです。「愛情ホルモン」、「幸せホルモン」などと呼ばれたりします。愛着がうまく形成できずオキシトシンが不足すると前頭前皮質の発達が十分に進まず、行動のブレーキがきかないキレやすい人になる可能性が高まるという理論です。大人になってからオキシトシンを増やす方法はあるのか?というと幼児期ほど効率は良く割りませんがあります。効果的なのは皮膚への刺激だそうです。ハンドマッサージは効果的で東日本大震災では家を失って体育館などに一時避難している人たちにハンドマッサージをしに宗教系ボランティア団体が向かったという事例もあります。これはオキシトシンを増やし不安感を鎮める効果があったと言われています。

また考え方で怒りをコントロールする方法もあります。それは自分と考え方違う相手を頭から拒否しないということです。世の中にはある物事に対して、自分と異なった反応や感情が起こるものです。例えば理想の上司ってどういう人をイメージしますか?ある人にとっては「統率力のある頼れるリーダー」かもしれないし「ある人にとっては新人にも心配りできるやさしいサポーター」かもしれません。ある考えが正しいか正しくないかの絶対的な基準はこの世にはないのです。

人を見極めて自分を納得させる

人付き合いが苦手だという人は、「その人は自分とは違う考え方なんだ」ということをまず受け入れ、相手に自分と同じ考え方をさせようと焦らないことが人付き合いのコツと言えるでしょう。仮に仕事やご近所付き合いなど避けて通れない苦手な人がいるとしましょう。ある面では嫌な相手でも、全ての面において嫌な人とは限りません。むしろ自分の生き方に気づきを与えてくれる場合もあります。(例:部下にはぞんざいな態度をとり嫌われているが、上司には好かれるタイプの人は難しい案件でも話の通し方がうまいのでその部分は参考になる)

そうやって時間をかけて理解し合うことを心がけてみるとご自身のストレスも減ると思います。そういう考え方もあるのかと腑に落ちれば相手の事がさほど腹立たしくなくなっていきます。「イライラさせる人だなぁ」と自分が感じる言葉や行動の裏には「なるほど、上司に催促されて急いでいたのか。そういう理由や事情があったんだね」と分かれば(無理をして同調しなくてもいいのですが)相手の存在が疎ましいばかりではなくなっていくものです。

というわけでシリーズもので私が今まで見てきた、皆さんが感じるイライラの元のようなタイプの面倒くさい人を複数取り上げてみたいと思います。皆さんの人間関係のストレスを減らす助けになれば幸いです。 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

-2思考のクセ・他者理解

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.35(他社理解)報連相の重要性

自分の管理するLINEのオープンチャットで仕事関係の相談があったのでシェアさせていただきたいと思います。社会人になると報・連・相という(報告/連絡/相談を略した言い方)職場感コミュニケーションが必要で …

No.72(感想:本)発達障害に関する本/随時追加

コミュニケーション改善に役立つ書籍です。発達障害に特化したものと一般向けに書かれたものの2種類に分けて紹介します。 1.発達障害に特化 発達障害関係はADHD(場の空気を読むのに難はあるが、共感力はあ …

NO.40(思考のクセ)メタ認知

考え方の癖 最近参加しているオープンチャットで困りごとや悩みを聞くにつけ思うのですが、ADHD(発達障害)の人は生活に仕事に課題をたくさん抱えていて、本当に多岐にわたるということを実感します。 ADH …

No.7(思考のクセ)伝えるコツ(氷山モデル)

聞き手がわかるかどうかを想像せずに思ったままの言葉を話して相手に(・・?という顔をされたり、伝わるには伝わったけど勘違いされたりした経験ありませんか?他にも「自分の伝えたいことを正確に伝えよう」と張り …

No.16(思考のクセ)自己肯定感

エフィカシー(自己能力感:自分の能力を信じる力)について前の記事で書きましたが、①エフィカシーの持ち方、②結果の捉え方についてお伝えしたいと思います。 エフィカシーの持ち方 先にエフィカシーを下げてし …