ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

1発達障害

No.71発達障害ゆえの悩み

投稿日:2021-04-03 更新日:

以前「メタ認知」という記事で紹介したのですが、私たちは普段自分が見たいものを見ることでこの世界を認識しています。発達障害ともなると見える世界がまた独特です。

例えば①人よりもより音が大きく聞こえる世界、②光がまぶしく感じる世界、③人より感情が敏感に反応する世界、④耳より目の方が情報認識しやすい世界・・・こういったものを「自分なりの世界」として認識しているのです。そして①であれば大きな音を避ける、②であれば1人のときはなるべく暗めの部屋で過ごす、③であれば攻撃的な人には近寄らない、④であれば大人数の会話を避け一対一を心掛ける、といった自分なりの対処方法で生きていると思うのです。

でも自分以外の人と交流する世界では、見たいものを選んではいられません。自分にとっての「非日常」であっても世間一般では「当たり前の世界」がそこにあるからです。多くの発達障害の人はここにつまづきます。「大人数の会話」に順応できない自分に後ろめたさを感じたり、「大きな音が同時に入ってくる」ことにひるんでしまったり。

自分が少数派だから、その世界で流されて生きていくしかない。でもしんどいし辛い・・・発達障害の人は大なり小なりこういう気持ちを押し殺して日々生きているのです。「私の世界」を誰が理解してくれるのか?と思うことも多いと思います。そして理解を求めても本当に分かってくれるのは家族や医師しかいなかったりする・・・

思うに発達障害ってくじ引きのようなものだと思います。引いた結果は誰にも変えられない。引いてしまったのだから。そして世の中にはもっと違うくじを引いて悩んだり辛い思いをして生きている人がいる。その人たちも引いたくじを変えられないのです。では一生重苦しい気分のまま能力の違いに取り残され、人目を気にして生きていかなければいけないのか?

もちろんそんなことはありません。大事なのはくじを引いた「その後」の行動です。どうやって前向きに生きればいいのかを考える。また困っていることを少なくすることを考える。前者は自己肯定感、後者は正しい情報を手に入れることで実現できるのです。同じような思いを持った仲間と一緒にこれからの人生を前向きに生きてみませんか?

ということで今回はLINEのオープンチャット「ADHDのライフハック-大人の療育部屋-」をご紹介したいと思います。オープンチャット「ADHDのライフハック-大人の療育部屋」をご紹介したいと思います。ここでは発達障害の情報やどうやって福祉や病院につながるかといった情報やADHDやASDの特性である不注意回避やコミュニケーションの問題についてチャットで意見交換ができます。よかったら一度お立ち寄りください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

-1発達障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.5発達障害(初めての病院・薬)

発達障害を個人の心がけや意思の力だけで乗り越えるのは困難で、医療機関の専門家の力を借りて楽になる面もあります。今回は ①ADHDの診断を受けるためにはどうすればいいか? ②治療方法としてどんなものがあ …

No.20障害年金申請その2

前回(No.19障害年金申請完了)の続き 理由(なぜ年金を申請しようと思ったか) 情報収取(申請に必要なものを確認) 事前相談→前回ここの途中で終了 申請に必要なものの手配 いざ申請へ 事前相談(続き …

No.60ADHDのライフハック1周年

ちょうど1年前にラインでオープンチャット「ADHDのライフハック」を立ち上げて今日で1周年です。最初は10人集めるのも苦労しましたが、今日時点で560名の方々に参加していただけて非常に感謝しています。 …

No.33頼る事はいけない事?

管理人をしている「ADHDのライフハック」以外にも一参加者として入っているオープンチャットで聞いた話です。旦那さんがADHDでよくうっかりミスをするのですが、彼女は「自分は人を許すし、逆に自分も人に許 …

No.9認知パータン6つ

  認知とは? 皆さん買い物に行くときに牛乳、カボチャ、クッキーをメモがない状態でどうやって覚えますか? 頭の中に写真のように物の形を映像で焼き付けてして、店で思い出しますか?それとも「牛角 …