ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

未分類

No.65内定取消の対処法

投稿日:

少子化の影響で就職戦線は買い手市場になると言われていたのですが、コロナのせいで一気に先細りの様相を呈しています。去年はまだコロナが出始める前に採用者数を決めていた企業が多かったせいで例年に近い内定状況だったようですが、コロナによる業績を織り込んだ今年の採用予定数はどうなることやら?

さて私は人事の仕事をやっている関係で様々な労務関係の相談を受けます。今日はある子会社からの「内定を取り消したいんだけど」という相談の顛末をお話ししたいと思います。

その会社はレストランチェーンを展開しています。コロナ禍にあった今年も地元産食材を目玉商品にしたメニューが好評でそこそこの実績を出していたので、事業部門は県内の有名な調理専門学校にリクルート活動を行い、3名の内定者を出しました。

しかし管理部門は今後の来店客を控えめに見積もった事業計画を策定し、最近の二度目の緊急事態宣言も出たことから「採用は控えよ」という現場と真逆な方針を持っていました。しかしこの指示は現場に届いておらず、3名の内定者の契約書の作成段階で管理部門に知られることになったのです。

管理部門は「来期の業績見通しがマイナスになるのに採用なんて認められない。内定を取り消してください」と契約処理を却下しようとしたところ、現場から猛烈な反対があり、「何とか内定取り消しに持っていく知恵はないか?」と相談をしてきたのです。

1.内定とはなにか?

内定というのは、一般的に新規学卒者(高校、大学、専門学校を卒業する新社会人になる予定の人)で就職活動してきた人に対し、募集・選考活動を経て「契約は卒業を待ってからするけど、卒業したら入社してもらうことになるからよろしくね」と採用の予定を通知することです。大卒の内定者は例年10月1日にやる会社が多いです。各社一斉にすることで(複数の合格通知をもらった学生が)他の会社に入社しないように囲い込むのが目的です。

法的に解釈すると内定を通知した段階で解約留保権付の労働契約が成立したとみなされるのが一般的です。

2.内定取消はどんなときにできるのか?

労働契約が成立したと解釈されるので、内定取消は入社前とはいえ「解雇」と同じ性質を持ちます。日本では企業が簡単に労働者のクビを切れないように、労働契約法という法律で解雇が認められる場合は①合理性があって②社会通念上認められる場合 に限定しています。

具体的には
・雇い主に、内定を出したときに知ることができない事実があった
・その事実が採用予定者の入社後の勤務を不適当とする内容である
です。

分かりやすい例を挙げると、
卒業できず留年してしまった卒業見込みだから内定を出したのに卒業できないのでは約束が違う
健康上の理由で勤務できない状態になった→労務を提供できないのでは労働契約を締結する意味がない
が内定取り消しが認められた事由です。

3.内定取消って簡単にできるのか?

また内定取り消しをする場合は、いきなり学生に対して取り消しを告げるのではなく、あらかじめ学校長に内定取消をする旨を通知する(今後その学校との信頼関係が危うくなる)、内定取り消しを二年連続で行ったり、一度に10人以上の内定取り消しをすると厚生労働大臣による企業名の公表制度がある、という企業にとっては不利やペナルティーが多いのです。

というわけで、相談してきた会社に上記の3.を話したところ、「じゃあ採用取り消しを考え直します。採用します」とのことでした。皆さんももし内定取り消しを告げられた時に、この点を訴えるとひるむケースがほとんどです。ブラック企業だと気にしないのかもしれませんが・・・

最後に・・・新卒や転職、新たに就職を再開する方皆さん、コロナ禍で慣れないオンライン面接や採用枠の狭さに戸惑うかもしれませんが条件は皆同じです。頑張ってください。応援しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.8これからの正義の話

まんまマイケル・サンデル教授のベストセラー本のタイトルですが・・・先日、息子のスマホ依存防止のためにiphoneのロックをかけた話をしましたが、自分も最近LINEのオープンチャットにハマりすぎてしまい …

No.47ニュースからの考え事

今日は最近のニュースで気になったまとめを書いてみたいと思います。発達障害との関連の薄い話も多いと思うのでタイトルは雑記としています。 1.学校のオンライン化の影響 6月以降、全国の学校(小中高大)が再 …

No.53自分本位で行こう(つぶやき)

今回の話は自分に言い聞かせたいために書くのですが、まずは以下の記事を読んでみてください。*このコラムの筆者とは面識はないです。 「嫌われる勇気」を読んでみた!アドラーに学ぶ自分本位に生きる方法とは?! …

No.15 山本五十六語録

今日はギャンブル好きな偉人にとしても有名な軍人について書いてみたいと思います。 山本五十六(やまもといそろく) です。この人は70年前に日本が太平洋戦争に突入したときの海軍大将で海軍の最高責任者である …

No.41いつかやりたいこと

もし皆さんがまったくお金の心配をしなくていいならやりたい事ってありますか?自分は発達障害の支援事業ですね。NPO法人でやってみたいと心の片隅で考えています。 以前生活困難な家庭の子供向けの無料塾のボラ …