ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

1発達障害

No.62ポジティブな言い換え

投稿日:2020-12-27 更新日:

自己卑下

オープンチャットADHDのライフハックではその特性ゆえか「私は不器用で…」「後先考えずに動いてしまって…」的な会話がちらほら出てきます。こういう言葉って選んでいるわけではなく無意識に発言してしまっているんですよね。もちろん特性のことを話すことだってあるのでこれはこれでアリなのですが、心のどこかで「もったいない」とは思ってしまいます。

そんなことを言う私もご多聞に漏れずその傾向があり、気づくと無駄に自己卑下してしまったと反省することが多いです。言葉って無意識に自分の態度や行動に出るものなので、言葉の選び方をもう少しポジティブにできないかなと常日頃思っています。実際ポジティブな人って謙虚であっても発する言葉が前向きなんですよね。

言い換え

そこで自分でやってみようと思ったのが「言い換え」です。同じ意味で発する言葉でもポジティブな気持ちや感情が乗った言葉を選べば、そのあとの行動に前向きさが出るのではないかな、と思いました。

とはいえ「ヤバい」「かわいい」を連発するのも幼稚なので大人の社会で通じるボキャブラリーとして以下の言い換えを提案したいと思います。一応発達障害の種類別に分けてみました。

・ADHDの人

No 言い換え前 言い換え後 ポイント
1 優先順位を付けられない 思慮深い より良い方法を考えているのです!
気弱な/押しに弱い 優しい/温厚 性格が良いのです!
存在感がない 協調性の高い 積極性がないわけではないのです!
空気を読めない 失敗を恐れない チャレンジ精神の現れです!
先延ばしする じっくり考える 行動力がないわけではないのです!

他にも「コロコロ意見が変わる→柔軟性がある」、「飽きっぽい→多趣味/切り替えが早い」なんてのも言えそうですね。

・ASDの人

No 言い換え前 言い換え後 ポイント
頑固・融通が利かない 意志が固い 分からず屋ではないのです!
要領が悪い・堅苦しい 正直/きちんとしている 誠実さの表れなのです!
細かいことを気にする 几帳面・堅実 ミスを回避するために手堅いのです!
遠慮がない 堂々としている 自分の価値観をしっかり持っているのです!
視野が狭い 集中力が高い 1つの事への集中力が強いのです!

他にも、「一言多い→論客タイプ」、「気が利かない→物事に動じない」なんてのも言えそうですね。

というわけで

書いてて思ったのですが、昔グロテスクな柄や文字の入ったTシャツばかり着る友人に対して、内心(趣味悪いな~(;^_^A))と思いながらも、「個性的だよね~」とか言ったことを思いだしました。発達障害抜きに私たちは普段言葉の選択ってしますよね?

この言い換えを自分自身にも意識することで自己肯定感を高めて前向きな生活を送りたいものです。もちろん人への評価や感想にも使えると思いますよ。言い換え前では悪口でも、言い換え後は誉め言葉になりますから。人間関係も良くしちゃいましょう(^▽^)/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

-1発達障害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.24自己紹介(ADHD~社会人)

今回は私が社会人になってからADHDにどう苦しんだか、そしてADHDにどう気づいたかを書こうと思います。 1.社会人になってから 私は大学卒業後、運良く、社会人になれました。よくADHDをはじめとする …

NO.63続けるコツ

ADHDで40年以上生きていると意識すらしなくなるのですが、とにかく3日坊主というか何事も続かないんです。そんな中年末に見たNHKのBSのクールジャパンを見て「何かを続けること」のヒントがあったので私 …

No.71発達障害ゆえの悩み

以前「メタ認知」という記事で紹介したのですが、私たちは普段自分が見たいものを見ることでこの世界を認識しています。発達障害ともなると見える世界がまた独特です。 例えば①人よりもより音が大きく聞こえる世界 …

No.36(書評)高嶋式 子どもの字がうまくなる練習ノート

ADHD(注意欠陥多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム)の方には同じ発達障害区分に含まれるLD(学習障害)を併発している方が少なからずいます。特に視覚優位(映像思考)の方ほどその傾向が強いようです …

No.1自己紹介(ADHD)

とり八のADHDプロフィールは No.1自己紹介(ADHD) へどうぞ ADHD(学生時代まで)プロフィールは No.13自己紹介(ADHD~学生時代) へどうぞ ADHD(社会人から)プロフィールは …