ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

未分類

No.56夜の街は悪か?

投稿日:2020-08-26 更新日:

先週コロナ禍で頑張るホストクラブのドキュメンタリーをテレビで見ました。ちょっと前までホストバブルに湧いていた新宿歌舞伎町はコロナでガラッと様相が一転。消毒・検温・三密対策をとってまばらな部屋の配置を行っても世間には感染源だといわんばかりのバッシングを受ける日々。まるで世間は夜の街を差別することで、やり場のないコロナへのストレスを吐き出しているようにも見えました。

特に東京の新宿・池袋では実際に感染者が多く発生したこともあり、小池都知事はバーやナイトクラブの出入りを自粛するよう促しています。そもそも「夜の街関連」という絶妙なネーミングの親でもあるんですね。あっという間に全国でホストキャバクラのような接待飲食業を指す言葉として認識が広がりました。

ただ夜の街とコロナ感染の因果関係が明確でないまま感染リスクを強調した結果、歓楽街=夜の街=危険というイメージがついてしまったんですね。結果、ドキュメンタリーにあったように多くの店はその辺のレストランと同じように消毒・検温・ソーシャルディスタンスなどの感染症対策を取っていても、常に感染リスクがある場所と認識されてしまう。厳しい時代ですね。中には「水商売のような(社会的に賤しい)仕事をやっている連中だから危ないんだ」という職業への偏見にもとづく中傷のような声もありました。

仕事の是非は別として、ホストは過酷な仕事だなって思いました。お客さんに言われれば酒を飲み続ける。お客さんの顔・名前・誕生日を徹底的に覚えて、来店時以外も日々のメール営業や記念日には店内イベントや高級ブランドのプレゼントをする。身内や友人が亡くなっても、お客さんが来る日は笑顔で出勤することが求められ休めない。本当に体力的精神的ににきつそうですし、豪華絢爛な暮らしができているのは一握りで大半のホストは共同生活・団体行動をしていて、これが三密となり感染リスクを高めている、ということでした。

彼らを見ていて、ホストだって普通の会社の営業職や販売職と変わらない自分の生活や夢のために働いている人たちなんだなってことです。最近は高齢者や10代の学生も含めて感染経路が不明な患者が増えているのに、政治家がいまだに「夜の街」だけを強調するのは有効な対策を立てられない言い逃れもあるんじゃないかなと思います。ドキュメンタリーでホストである従業員は社会から批判されていることに後ろめたさを感じているようであり、インタビューにも正面切って「夜の街批判」に反論する人はいませんでした。こういう声を上げにくいことも彼らを悪者にするにはいい材料なのでしょう。

歌舞伎町には確かに訳ありな店や人も多いでしょうね。そこにフラフラっと入り込みボッタクリの被害者になった人も多いでしょう。でもドキュメンタリーを見ていると客はその「夜の街の雰囲気」に惹かれてきているんだから、リスクを負うのも自己責任なのかなと思いました(ホストに行く女性だけじゃなくキャバクラに行く男も含めて)。あと従業員側だって、最初から一獲千金を狙って夜の街を目指してきた人は少なくて、むしろこれまでの場所や人生では居場所を見つけられず、「夜の街で初めて居場所を見つけられた」という人の方が多いのです。

コロナとは別の視点になりますが、彼らを見ていると、発達障害にかける言葉を言いたくなります。それは「あなたはそのままでいい。何も悪くはないし変わらなくていい」です。最終的にここが生きる場所として選んだ道を肯定してあげる世の中になればいいなと思いました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.51感染拡大要注意?

こういう薬を曜日、朝昼晩に分けるラックってあるんですね。便利だなと思いました。飲み忘れや飲んだ量も把握できますしね。薬局で買えるそうなので興味のある方は、是非聞いてみてください。 さて全然話変わります …

No.67月曜日の直前

23時。この時間になると、いつも心がざわついてくる。 サボり虫の独り言「休もうかな?」って妄想が休みが終わる前なのに… 取り繕おうとしても、自分には本音しか届かない。 どうしようもない我がままで気弱な …

No.53自分本位で行こう(つぶやき)

今回の話は自分に言い聞かせたいために書くのですが、まずは以下の記事を読んでみてください。*このコラムの筆者とは面識はないです。 「嫌われる勇気」を読んでみた!アドラーに学ぶ自分本位に生きる方法とは?! …

NO.43環境は利用するもの

所有は古い? 新聞に書いてあったのですが、現在はモノからサービス・情報へ価値が移行している期間なのだとか。例を挙げると、私の若いころの20代は皆こぞって車を買うことが、仮にドライブが趣味でなくてもステ …

No.16マーク・トウェイン語録

連休明けて暑くなってきましたね😊コロナも弱まってくれると良いのですが。 今回「トムソーヤの冒険」で有名なアメリカの文豪、マーク・トウェインの言葉から好きな言葉を紹介します。ただ紹介するのもつまらないの …