ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

3.ライフハック(仕事・健康・お金)

No.48(健康)精神のお薬飲みながらダイエット

投稿日:2020-08-16 更新日:

精神科に通う患者さんは、疾患そのものや処方される薬の影響によってメタボリックシンドロームが生じる率が一般人に比べて高く、人生という長期のスパンで見たときの健康問題になるというのは精神科医の中では常識だそうです。

特に容姿を気にする患者さん(女性が多い)によっては、健康に大きな支障のない体重増加であっても、精神科の薬による影響をいやがって服薬を自己判断で中断・減薬し、その結果精神疾患の回復に悪い影響を及ぼす場合があります。精神科医は患者さんのニーズを聞き取り、できるだけ要望に沿った対応をしてくれていると思いますが、患者側も服薬と体重管理についての知識が必要になると思い今回の記事を書きます。

1.肥満の問題を生じやすい薬

個々の薬によって影響に差がありますが、新規抗精神病薬で体重増加に影響が大きいものは以下の1)2)のとおりです。糖尿病の方が使用できない薬もあるので、過去に糖尿病と言われたことがあったり、家族に糖尿病の方がいる方は医師に相談しましょう。

新規抗精神病薬

1)体重増加に影響が大きいもの

・クロザピン(商品名クロザリル)→糖尿病の人に対して原則禁忌
・オランザピン(商品名ジプレキサ)→糖尿病の人に対して禁忌

2)影響が中程度のもの

・クエチアピン(商品名セロクエル)→糖尿病の人に対して禁忌
・リスペリドン(商品名リスパダール、リスペリドン)

3)体重増加の影響が少ないもの

・アリピプラゾール(商品名エビリファイ)
・ブロナンセリン(商品名ロナセン)

新規抗精神病薬以外

・クロルプロマジン(商品名ウインタミン、コントミン)などの低力価抗精神病薬
・バルプロ酸ナトリウム、三環系・四環系抗うつ薬
などがあります。

2.体重増加への対処法

体重の増加は、服用開始直後は顕著に表れるものの1年弱で落ち着く場合が多いそうです。ただその後も増加が続いてしまう場合もあります。体重増加で生まれるストレスによる、①ひきこもり→運動不足、②食べることへの依存→過食など

まずは適度なダイエット

服薬で調子が安定しており、体重増加が軽度な場合(この「軽度」も個人差の多い言葉ですが)は、薬は変更せずに生活・食事面の見直しを行うことが一般的で、ジョギングやジム通いなどで適度な運動をしたり、食生活の見直しなどの対処を続けることが効果的です。食事を極端に減らしたり、オーバーワーク気味に運動すると、それ自体がストレスになり反動(リバウンド)がより大きくなりますので適度にやりましょう。

薬の変更もアリ

上記の対処を続けても充分な効果が得られない場合は、体重増加を起こしにくい薬への切り替えについて主治医に相談してみるとよいでしょう。薬との相性もありますので、効果の有無と副作用大きさからこれならOKと思える薬が見つかるといいですね。体重増加は止まったけど精神面が不安定になるような場合に「体重さえ減ればいいんだ」と自己判断しないことも大事です。

3.まとめ

体重増加が薬のせいか生活・運動習慣のせいかは分からなくても、体重増加が目立つ薬を使い始めた場合は、その後の数週間は体重や食欲の変化に注意して、変化が急激な場合には早めに主治医に相談しましょう。薬だけが体重増加の原因とも限らないので、普段からダイエットを抜きにした適度な食事と定期的な運動習慣を付けましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-3.ライフハック(仕事・健康・お金)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保護中: 発達障害役立ちファイル(発達障害関係の困り事やお悩み解決ツール)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

No.78(健康)筋トレはこの2つだけ

今年の1月から私は腕立て伏せとジョギングを始めました。きっかけは忘れましたが、1年の明確な目標がなかったので何か決めようと思ったのが①週に2回の腕立て伏せ(4セットで80-120回)、②週に2回の30 …

No.29(お金)障害年金申請その4(完結)

前々々回(No.19障害年金申請その1) 前々回(No.20障害年金申請その2) 前回(No.21障害年金申請その3) 理由(なぜ年金を申請しようと思ったか) 情報収取(申請に必要なものを確認) 事前 …

No.66(お金)生命保険・税金・年金・失業保険等

過去に障害年金の記事を書いてきましたが、それ以外に役立つお金関係の記事を書こうと思いました。発達障害で悩む人の中には、仕事を失ったりシングル家庭、親の世話で経済的に厳しい方もいます。普段笑って生きてい …

No.23(仕事)職場で消耗しないために

発達障害のある人は障害に合わせた配慮を頼みたくても、恥ずかしいし申しわけなくて言い出せない人もいると思います。またコミュニケーションが苦手で言い出せないケースもあると思います。言い訳がましくもならず、 …