ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

未分類

NO.43環境は利用するもの

投稿日:2020-07-26 更新日:

所有は古い?

新聞に書いてあったのですが、現在はモノからサービス・情報へ価値が移行している期間なのだとか。例を挙げると、私の若いころの20代は皆こぞって車を買うことが、仮にドライブが趣味でなくてもステータスだったのですが、今は車を買う人は本当に減っているようです。

若者の車離れといいますが、カーシェアなんてサービスも出てきたし、車は持つものじゃなく「必要なときに使う」ものになってきているんでしょうね。ちなみに今も女性中心に根強いバッグや服のファッションブランド信仰も少しづつ崩れつつあるのだとか。サブスクの月額定額で必要な時にTPOに合わせた服やバッグを借りれる時代だし所有の意義はどんどん失われていくのかもしれません。

リアルからバーチャル

コロナで私は非常に助かったことがあります。それは通勤が減った事。都内に住んでいる自分は片道90分かけて通勤しています。それが週二の在宅勤務になってどれだけ生活に余裕ができたことか…今まで自動的に失われていた180分/日が取り戻せたことで生活にも余裕ができるようになりました。睡眠・終業後のジョギング・事務所を離れてのストレス緩和など。半面何かコミュニケーションを取る時は画面越しに話すのはストレスが溜まりますが…

在宅勤務ができるのは、自宅にバーチャルな職場環境を用意できるからです。端末をシンクライアント化し、会社のサーバに接続しさえすれば自宅でもオフィスと同じ環境で仕事ができます。自社では新卒の採用面接も1次はオンラインで行うようになりました。画面越しでもなんら判断するのに困るポイントはなく、逆に画面越しに伝わる癖や話し方を冷静に見れるメリットもありました。オンライン面接はコロナが落ち着いたあとも続く見通しです。

学生はオンライン授業を取り入れ、一部の授業が自宅でも受けられています。日本では不登校や学習に消極的な一部の学生がオンライン授業で授業に取り組むようになったそうです。先生や生徒との対面がストレスな人には追い風になったようです。また画面の教材にマーカーを引くなど視覚的な工夫でやる気を出した生徒もいるようです。
一方で一部の国では大学が授業のすべてをオンライン化し学生は自宅での授業を義務付けられ、留学生は帰国させられ、授業以外のクラブ活動やイベント、現地の学生との交流を期待していた学生の一部モチベーションを失い退学した人もいるそうです。

何が正しい?

これはコロナのせいで良くなったとか悪くなったとかの話ではないです。コロナで変化した状況に我々が合わせられるか、合わせられないかが問われているんだと思います。ダーウィンは実際に言っていなかったそうですが、「環境に適応する生物が生き残る」という進化論的な考えからするとこれは無視できない事実かなと思います。逆にこの環境に適応しまくって、世の中が潜在的に感じているニーズを先取りして世の中に打ち出せばこれから(アフターコロナ)の世界では成功を収められるかもしれません。

このコロナの状況を単にストレスではなく、自分なりに利用してやろうがコロナ禍ライフハックの基本ですね。将来の自分のためになることは積極的にすべきでしょう。自分のためになる選択肢を選ぶこと事が一番正しいのです。まずは自分のコロナ後の人生設計を立て直して、選んだ道を誰よりも先に実行できるよう生きていきましょう。(自戒を込めて)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

-未分類

執筆者:


  1. 幸希パパ より:

    在宅ワークを進める政府にとっては、新型コロナウイルスという皮肉な形で普及する形となりました。
    その一方で、いわゆる働かないおじさんの存在が浮き彫りとなり、貢献できている社員、そうでない社員の線引が明確になりました。
    私は、営業職をしており、新型コロナウイルスのいわゆる第一波が来た時は客先訪問ができず、手探りでオンライン打ち合わせを行ったものです。
    昔は紙ベースで行っていたものがPCへ代わり、共有もクラウドを利用する時代となりました。
    考え方もそうですが、適応できないと生き残れない時代ですね。
    英語頑張って!

    • とり八 より:

      幸希パパ様
      コメントありがとうございます。普段コメントに慣れていないもので、気づくのが遅くなりました。申し訳ございません。
      これからは「先んずれば人を制す」的な要素が強まっていくような気がします。新しい働き方、新しい営業、新しい採用、新しいワークライフバランス。
      主導権をとった者が一歩リードするのは今までもそうですが、パイは減ると思うのでよりその傾向は強くなると思います。

幸希パパ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.11中小企業診断士への決意

中小企業診断士という資格があるのですが皆さんご存じですか? 名前のとおり中小企業の経営を支援するための資格です。ヒトモノカネが大企業と比べて不足する中小企業の立ち上げや経営改善のためのコンサルタントと …

No.30断捨離

ADHD苦手な人の1つにモノの片づけがあると思いますが皆さんはいかがでしょうか? 私は最近ヤフオクで物を処分しまくって大分減ってきてはいるのですが、一定数減ると今度は買いたくなる衝動が出てきてまた増え …

No.45どこまで急ぐか?

コロナのせいですっかり話題から取り残された感がありますが、リニアモーターカーが2027年に東京-名古屋間で開通することになっています。大阪までの開通目標は2045年です。名古屋までの建設開業に5.1兆 …

No.66叱ると怒るの違い

ADHDのライフハックでは10代の若者や20代前半で社会に出たての方も多く参加しています。その中で「親に怒鳴られた」「親に理解されない」という悩みをちらほら聞きます。未成年の時代に家で不適切な言動をし …

No.56夜の街は悪か?

先週コロナ禍で頑張るホストクラブのドキュメンタリーをテレビで見ました。ちょっと前までホストバブルに湧いていた新宿歌舞伎町はコロナでガラッと様相が一転。消毒・検温・三密対策をとってまばらな部屋の配置を行 …