ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

1発達障害 3ライフハック

No.36(書評)高嶋式 子どもの字がうまくなる練習ノート

投稿日:2020-06-23 更新日:

ADHD(注意欠陥多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム)の方には同じ発達障害区分に含まれるLD(学習障害)を併発している方が少なからずいます。特に視覚優位(映像思考)の方ほどその傾向が強いようです。学習障害の中でもディスグラフィア(書き取り障害)があると学校でのノートの書き取りや仕事上の記録メモが取れず、生活で困難をきたすことが多いです。

そこで今回は子供向けの本ですが、子供に限らず大人でも字を書くが苦手な方に非常に役立つ本を紹介したいと思います。

高嶋式 子どもの字がうまくなる練習ノート

新品価格
¥1,320から
(2021/1/11 10:24時点)

まずディスクレシアとは何かを簡単に紹介します。(リタリコ発達ナビ記事をまとめる形で再編)

ディスグラフィアは書字障害のことをさし、「読む」「書く」「聞く」「話す」「計算する」「推測する」のうち、文字を「書く」ことに困難がある学習障害(LD)です。

ディスグラフィアを含む、学習障害の特徴の一つに「知的発達には大きな遅れがない」ことが挙げられます。つまり、話したり行動することはでき、文字を読むこともできるのに、文字が書けなかったり、苦手だったりするのです。

なのでしばしば「努力していないから書けない」「苦手なら人よりたくさん練習すればいい」と本人の努力不足を責められたり、親には「子どもに勉強をさせていない」などの偏見が生まれることがあります。

これは本人や親にとってはとても辛いことです。なぜなら学習障害の場合、周囲の子と同じやり方では、どんなに本人が頑張って努力しても字を書くのが難しい状態だからです。

リタリコの記事は上記で終わるのですが、書き取り障害にはもう1つ発達性協調運動障害も関連していると言われています。

発達性協調運動障害も発達障害の1つで、年齢や体格に比べ、不釣り合いに思えるほど身体の動きが不自然な状態を意味します。字を書くなどの微細な運動(微細運動障害)と、走るなどの粗大な運動(粗大運動障害)が苦手な場合があります。両方とも苦手な人もいます。

微細運動障害というのは、字を書いたりハサミを使った切り絵や折り紙も不得意で「不器用」と呼ばれることが多くなります。学科的には図工・美術・技術・音楽の楽器演奏など、指先の器用さを求められる場面では辛い思いで授業が苦痛に感じることも多いそうです。

今回紹介した本の特徴は、
①鉛筆の持ち方・指の動かし方といった微細運動障害で苦労しがちなポイントを先回りして教えてくれる点
②字のマス目が大きいので微細運動障害があってもマス目からはみ出しにくく識字障害がある人も読みやすい
の2点です。

もちろん書き取り障害がなくてもきれいな字を書けるコツがわかるのでおススメです。私もたまに趣味で写経をする際に、字のバランスを整える際にこの本が役立っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

-1発達障害, 3ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.62ポジティブな言い換え

自己卑下 オープンチャットADHDのライフハックではその特性ゆえか「私は不器用で…」「後先考えずに動いてしまって…」的な会話がちらほら出てきます。こういう言葉って選んでいるわけではなく無意識に発言して …

No.28からっぽの時間

発達障害の困りごとの1つに「あれどこやったっけ?」からの捜索難航ってありますよね? 私はほぼ毎日です(´;ω;`) 例えば、仕事ではデスクトップはアイコンだらけ、机の中は散らかり放題で、必要なファイル …

No.61自分の才能に頼るべし

発達障害者こそ才能に頼って生きるべき 発達障害というと何かが「弱い人」のイメージがありますが、世の中には発達障害(推定含む)を活かして、活躍している人もいます。そもそも活躍している人は社会で成功してい …

No.34メンター

今回の記事は本の受け売りです。自己啓発本を読んでいると、人生で成功している人にはたいてい「メンター」と呼ばれる人がいて、相談相手・助言をくれることで本人が成功できるよう導いてくれているようです。 今日 …

No.22障害年金は社労士頼り?

突然ですが、気になったので記事にしようと思いました。自分が入っているLINEのオープンチャットでの会話だったのですが、 「障害年金は社労士使ってる人が多いよね」 って会話から始まり、自分が社労士使わず …