ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

1.発達障害関連

No.34(つぶやき)メンター

投稿日:2020-06-17 更新日:

今回の記事は本の受け売りです。自己啓発本を読んでいると、人生で成功している人にはたいてい「メンター」と呼ばれる人がいて、相談相手・助言をくれることで本人が成功できるよう導いてくれているようです。

今日はメンターとなる人がどのような力を持っているかを紹介します。

1.方向性を示す メンターに会った瞬間に人生の方向が変わる
2.独自の価値観を授ける それまでの常識では考えられない世界の見方ができる
3.レベルを引き上げる 付き合う人、お金への姿勢、時間の使い方を別のレベルにする
4.転ばぬ先の杖になる 目指す方向の危険なポイントや陥りやすい罠が分かる
5.最高の自分を見せる 自分では気づかない可能性を指摘し見せてくれる

とまあ書いては見たけれど、イメージが湧きません。分からないまま次の、メンターに会ったときのための準備を5つ書いておきます。

1.対等に接する 先人ではあるが先輩ではない。精神的に対等に接しなければ学べない
2.学びを明確にする メンターから何を得たいのかを明確にしておく。書いておくとよい
3.質問をする 得たい事について角度を変えて20の質問を作りインタビューする
4.教わる範囲を決める メンターの強みと弱みを知って、強みのみを吸収する
5.助けてもらうのでなく探求する 自分の守るべきものを捨てて純粋にメンターの知恵に振れる

ここまで書いたのですが、まだピンと来ない自分がいます。でもこういうものなんだろうなと思って備えだけはしておこうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-1.発達障害関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.28(感想:本)発達障害と呼ばないで

岡田尊司氏の書いた「発達障害と呼ばないで」を読んだ書評です。この本の構成は①発達障害は養育環境で決まる ②安定した愛着が大事 ③発達特性のある人の個性の伸ばし方、の3つです。なおこの本では愛着障害とい …

No.4(仕事)職場の人間関係

発達障害者には、こだわりや特定の作業をする際に支障となる様々な特性があります。このことで業務をスムーズに行なえなかったり、人間関係でトラブルを起こすこともあります。今回は特性ごとに起きやすいこと・その …

保護中: 発達障害役立ちファイル(発達障害関係の困り事やお悩み解決ツール)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

No.45(発達)思春期以降の特性問題

今回は発達障害特性に関する論文の解説です。発達障害のお子さんがいる方向けに思春期以降どうやってお子さんと向き合っていくかの参考になれば幸いです。今回の論文はこちら(発達障害児の思春期以降における問題行 …

No.55(仕事)ASDの職場ライフハック

私は発達障害特性のある人の仕事への向き合い方って3段階あると思っていて、 1.発達障害であることを自覚する 2.薬や診察で仕事上の弱みの対応を取る 3.自分の強みを自覚して自己肯定感を高める という手 …