ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

1発達障害 4自己紹介

No.25自己紹介(ADHD~社会人2)

投稿日:2020-05-28 更新日:

WAIS3Ⅲ(発達検査)を受けました。

40代も半ばに入っていた求職明けの1月。かねてからネットで調べた発達障害の診療可のクリニックを受けに行きました。

最初は医師ではなくカウンセラーによるカウンセリングのみで終了でした。この時点ではADHDの診断も何もないので、ただひたすら日常で困っている事についての悩み相談みたいな感じでした。ADHDの診断はできないにしても医師すら現れないのは意外でしたが、そういう方針のクリニックなのかなと思い初回は終了です。

2回目に医師が、過去の通院の経過や幼少期の話などより広範囲に、そしてより詳細な聞き取りをして「では発達検査の予約をしましょう」で終了でした。

3回目にWAISⅢ(ウェイススリー)を受けました。2時間15分で臨床心理士1対1での知能テストみたいな感じでした。言葉だけでのやり取り、問題用紙を見ながら紙に〇×を書く問題、カードを見て質問に答える問題、ブロックを並べる絵合わせ問題、など多岐にわたる内容でした。

4回目に臨床心理士が結果を伝えます。私の得意な認知、不得意な認知の凸凹について説明を受けました。

項目 全検査 群指数
全検査IQ 104(平均) 言語理解:118
言語性IQ 118(平均の上) 知覚統合:87
動作性IQ 86(平均の下) 作動記憶:113
処理速度:97

私は「総合のIQは人並みだが、言語性IQと動作性IQに5%水準で有意差があり発達障害の可能性が疑われる」

と言われました。「5%水準で有意差ってなんだ?」と思いましたが、要は統計学上滅多にいない人たち、つまり何らかの異常のある人ということらしいです。これが発達障害と判断されうる値を指す、ということらしいですね。ここでも結果だけ聞いて終了です。

ちなみにADHDでは一般的に低いと言われる作動記憶(ワーキングメモリ)について補足したいと思います。作動記憶は「数唱」という聴覚記憶を問う試験が影響していると思います。例えば試験官が「4649」と言った後に「4649」と復唱させられる、または逆から「9464」と言ってくださいと言われたときに、私は「4649=ヨロシク」みたいに語呂で覚えます。これは聴覚優位な人向きです。他方、見た絵やグラフの内容を思い出させるような出題がもしされた場合、映像記憶ができない自分はかなり低い値になると思います。

結果と投薬開始

5回目に二度目の医師の診察。ここで「テストの結果からみるとあなたは発達障害の傾向がありますね」という診断なのかどうかよくわからないことを言われました。私は検査を終えたあとの診察で医師から「あなたは発達障害です」と言われたわけではないのです・・・他の人に聞いても同じような経験をした事がある人は結構いるんですよね。でも発達障害の疑いありとして「グレーゾーン」と言われました。境界線上にいるという意味です。

なぜ医師は私にはっきりと「あなたはADHDです」とは言わないか?がもやもやと気になっていて、ネットで調べたのですが、ある記事には

言語IQと動作IQの差が33以上あると発達障害の診断が付きやすい

と書いてありました。確かに私の差異は118-86=32。33以上ではないので確定的な診断としてADHDとは言わないけど、32も33に近い数字ということで、自立支援医療は受ける意味があると判断しての診断書の記載だったのかなと理解することにしました。

ここで医師から提案を受けます「あなたの生きづらさを軽減するためにストラテラという薬がありますよ。どうしますか?」 私は迷わず薬を処方してもらうことにしました。そして自立支援医療を受けるための診断書もお願いしました。
自立支援医療とは、精神疾患を自己負担率1割で治療や薬の処方を受けられる制度で、精神疾患を書かれた医師の診断所が必要になります。

私との診察上は「グレーゾーン」でも自立支援医療用の診断書にははっきり「ADHD」と書いてくれるんですね。

今は以下の薬を処方してもらっています。(2020.12.31時点)
・ストラテラ80mg(朝食後)
・インチュニブ2mg(就寝前)
・抑肝散(漢方で朝食後と就寝前に1日計3袋)
・トラソドン(仕事などで神経が高ぶって寝られないときの睡眠導入剤)

ADHDプロフィールは No.1自己紹介(ADHD) へどうぞ
ADHD(学生時代まで)プロフィールは No.13自己紹介(ADHD~学生時代) へどうぞ
ADHD(社会人から)プロフィールその1は No.24自己紹介(ADHD~社会人) へどうぞ
その他プロフィールは No.23自己紹介(その他) へどうぞ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

-1発達障害, 4自己紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.2発達障害とは?

発達障害とは ここに訪問された方はADHDなどの発達障害について分かっているか聞いたことがある方、少なくとも関心をお持ちの方だと思います。今回はADHDを含む「発達障害とは何か」について解説していきた …

No.5発達障害(初めての病院・薬)

発達障害を個人の心がけや意思の力だけで乗り越えるのは困難で、医療機関の専門家の力を借りて楽になる面もあります。今回は ①ADHDの診断を受けるためにはどうすればいいか? ②治療方法としてどんなものがあ …

NO.63続けるコツ

ADHDで40年以上生きていると意識すらしなくなるのですが、とにかく3日坊主というか何事も続かないんです。そんな中年末に見たNHKのBSのクールジャパンを見て「何かを続けること」のヒントがあったので私 …

No.36(書評)高嶋式 子どもの字がうまくなる練習ノート

ADHD(注意欠陥多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム)の方には同じ発達障害区分に含まれるLD(学習障害)を併発している方が少なからずいます。特に視覚優位(映像思考)の方ほどその傾向が強いようです …

No.35ADHDのお仕事相談

自分の入っているLINEのオープンチャットで興味深い話があったのでシェアさせていただきたいと思います。今回は上司の方からの相談ですが、おそらく部下もADHDであろうと思われます。 自分がどっちの立場で …