ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

1発達障害 2お金とグッズ

No.19障害年金申請その1

投稿日:2020-05-16 更新日:

今日の東京は朝から雨。せっかくの土曜日なのにじめっとした感じなのが残念です。ただ晴れていたとしても何かやることあるかな~と思うとないんですけどね・・・

さて、一昨日の木曜日にやっと障害年金の申請が終わりました。

くぅ~っ 長かった~

というのが正直な気持ちです。(^▽^)/

最初に思い立ったのは2月の終わりくらいだったかな?そこから年金センターに行き話を聞いて、必要書類を確認し、病院(一昨年休職したときに通った病院と今の病院)で書類を揃え、別居している妻や子供にも書類を出してもらい、通知表を見ながら自分の生い立ちと向き合うこと約2か月半・・・

本当に長かったです~( ;∀;)

 

さて今回は障害年金に必要な書類とかかった費用について書いてみようと思います。本当は記入上のポイントも書こうと思うのですが、いかんせん自分が申請したばかりで給付されるかどうかも未定。よって結果が出てから書こうと思います。

理由(なぜ年金を申請しようと思ったか)

情報収取(申請に必要なものを確認)

事前相談

申請に必要なものの手配

いざ申請へ

理由(なぜ年金を申請しようと思ったか)

本音は「お金がほしいから」、なんですがもう少し詳しく言うと、

1.権利があるから。

障害年金って受給するには一定の条件があるのですが「それに該当したから」です。自分は発達障害であり、これは障害年金の区分だと「精神障害」に該当します。障害年金は申請する資格があれば出せばいいのです。ただ必ずしも受給できるとは限らないですけどね。
合法的に貰えるものは街角で配っているティッシュであろうと堂々と貰えばいいのです。

2.制度を知ったから

以前発達障害で障害年金を受給している人のブログを見て、「こういう制度があるんだ」って知ったのも理由の1つです。自分の障害が障害年金申請できる内容だって知らなかったら申請していなかったと思います。
逆にこの記事が、私がかつてそうだったように、障害年金を知らなかった人が知るきっかけや年金申請する方の一助になればなと思っています。

3.会社人生に不安を感じたから

私は一昨年休業し4か月間会社を休んでいます。その後復帰し今の職場に異動してきたのですが、ここが社内でも有数の時間外労働の多い部署でして、いわゆる発達障害に苦手な同時並行の事務作業と進捗管理のオンパレードだったんですね。
ミスのリカバリーと進捗管理の遅さで恒常的な長時間残業が続いてしまい、病院の先生とも相談して

「自分ADHDで、これ以上頑張れません」

とギブアップしました。自分の苦手なことを産業医とライン長に告白してこの4月からは業務を軽減してもらいました。それはそれでよかったのですが、楽なだけの人生なんてあるわけがありません。「引き換えに昇給昇格上の制限があるだろうな」と覚悟したのも理由の1つです。

情報収取(申請に必要なものを確認)

社労士を使うか否か

障害年金申請された人のブログを読んだりや話を聞くとかなりの確率で「社会保険労務士」に書類や申請の代行をお願いしています。主なメリットは

・煩雑な手続きを任せられる(自分だとミスするかもしれない)
・役所で色々聞く必要がない(自分だと分からないことだらけ)
・迅速に手続きをしてくれる(自分だといつ終わるか分からない)

かなと思っています。デメリットをいれば

・お金がかかる(相場は着手金3万プラス成功報酬で10万円くらいかな?)

でしょうか。私はお金がかかるのは仕方ないと思っていましたが、それ以上に

相談する時間がない(仕事で忙しくて)

という理由で自分で調べてやることにしました。ちょうど1~3月は繁忙期で3月に近づくに連れ残業時間が増えていくという状況だったので、平日は朝早起きで夜は22時に帰り、休みの日は倒れるように寝てしまう、というとても外部と打ち合わせする余裕がなかったのです・・・

ネットで情報収集

幸いなことにもう世の中の事の9割はgoogleで調べられる素晴らしい時代です。ということで私が参考にしたホームページ(HP)は

NPO法人の障害年金支援ネットワーク

というところです。障害年金の対象となるケガや病気、年金額、申請に必要な書類などほぼ全ての情報が網羅されています。これを一通り読んでから、申請に必要な書類をネットから印刷しました。ここのHPの(障害年金の請求(申請)に必要な書類一覧)からダウンロードできるので便利ですよ(^▽^)/

私の場合は20歳以上なので
(共通事項)
・年金の請求書(申請様式ですね)
・年金手帳
・戸籍謄本(家族いなければ戸籍抄本)
・受診状況等証明書(障害初診日を特定する資料)→「初診日」の病院で書いてもらう
・診断書(障害初診日から1年)→「初診日」から1年6か月経過後の病院で書いてもらう

・病歴・就労状況等申立書→発達障害の場合は生まれてから今までの困り事を書く
・通帳のコピー(年金を振り込んでもらうため)
・印鑑

(家族がいる場合以下も必要)

・配偶者の収入が確認できる書類
・子の収入が確認できる書類
・住民票(世帯全員分の記載)

これが必要だってことが分かりました。
ちなみに黄色のマーカーの3つは社労士を使っている人は思い切って社労士に任せる部分であり、私のような自力申請者の場合は、頭から煙が出るくらい悩んだところでした・・・

さて提出物を確認したら、次はそれで本当にいいのか、書き方をどうすればいいのかの確認です。特に黄色マーカー部は何をどう書けば(書いてもらえば)申請が通るのか見当が付きません💧 ここは年金事務所という年金の受付をしたり、相談が「無料」でできるとネットで聞いたので、さっそく行くことにしました。

事前相談

年金事務所は自分の住んでいる管轄とか関係なくどこでも相談できるし、年金申請ができると書いてあったので、まずは年休を取って、自分の近くの年金事務所に電話相談しようと思いました。ところが朝イチで何度も電話をしているのに

繋がらない😨

のです。朝一は忙しいのかな?と思い何度かかけましたが

繋がらない😨😨

のです。。。

あ、ここは忙しい事務所だったのかな?じゃあ他のエリアにかけると

やっぱり繋がらない😨😨😨😨

のです。気づくと11時です。「こ、これはいかん。せっかく仕事忙しいのに休み取ったのが無駄になってしまう」とさすがに焦ってきました。

そこで都内の年金事務所を見ていると、年金相談センターという年金事務所の仲間みたいなものを見つけました。どうも年金事務所の規模の小さいバージョンで、電話相談なしで対面相談のみ可(予約は不可で順番待ちのみ)。そして土日の対応不可。というのが年金事務所との違いでした。

私は藁にもすがる思いで電話をかけると、すぐにつながりました。そしてそこで相談をすることになったのです。ちなみに今思い返すと、その年金相談センターは都内でも割と裕福な人が住む地域でした。ひょっとすると所得の高い地域の年金事務所や相談センターは件数が少なくねらい目なのかもしれません(憶測ですが)

相談センターにいきました

さて、電話のあとにさっそく都内の某市の年金相談センターに行きました。

そこで一通りの説明を受け提出に必要なチェックリストをもらいました。

事前に調べたのと同じ内容ですね。これは頭に入っていたのですが、私が聞きたかったのはまず「年金って揃えた資料をどう請求すればいいの?」でした。ここで障害年金を申請するには2種類の方法があることを知りました。

1.認定日請求

認定日請求(本来請求)とは、初診日から1年6ヶ月経過した日である障害認定日時点での診断書を取得し、その障害認定日から1年以内に請求する請求方法です

何らかの理由で請求がおくれてしまっても、障害認定日の時点の症状が、障害等級に該当する程度の障害状態であれば、最大で5年間さかのぼって年金がもらえる請求方法です。

診断書 原則として障害認定日から3ヶ月以内の診断書が必要になります。
受給権の発生 障害認定日となります。なお、障害年金の支給は障害認定日の翌月分からとなります。

2.事後重症請求

事後重症による請求とは、以下に該当する場合に請求する方法をいいます。

・初診日から1年6ヶ月経過したときより障害が重たくなった。
・初診日から1年6ヶ月経過したときは通院していなかった。
・初診日から1年6ヶ月経過したときの病院がにカルテがない。

診断書 請求時点での診断書が必要になります。
受給権の発生 請求日となります。なお、障害年金の支給は請求日の翌月分からとなります。
請求期限 65歳に達する日の前日までとなります。

これは選ぶというよりは、1.ができなければ2.という考え方でした。1.の認定日請求が原則になります。私の場合ここが少々複雑でした。初診日がいつになるか悩ましいのです。

初診日とは?

認定日請求にしても事後請求にしても重要になるのは初診日です。

初診日とは、障害の原因となった病気やけがについて、初めて医師等の診療を受けた日をいい、障害年金の申請には初診日を証明する書類(受診状況等証明書)の添付が求められるのです。

と、ここで私の力が尽きてきたので、次回に続きます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

-1発達障害, 2お金とグッズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

No73.人事のお仕事(再雇用)

最近会社であったことなのですが、ある再雇用の契約社員の契約内容を変えたいという相談がありました。 対象者は定年後に法律により雇用することが定められている「定年後再雇用」されている方(高年齢雇用安定法で …

No.38マインドフルネスの記事

恥ずかしながらちょっと前まで、「マインドフルネスって自己啓発好きの意識高い系の人が好んで使う言葉」くらいに思っていました。最近LINEのオープンチャットで話題になり、少し興味を持ちました。ここで紹介し …

No.72発達障害お役立ち本(コミュニケーション)

コミュニケーション改善に役立つ書籍です。発達障害に特化したものと一般向けに書かれたものの2種類に分けて紹介します。 1.発達障害に特化 発達障害関係はADHD(場の空気を読むのに難はあるが、共感力はあ …

No.61自分の才能に頼るべし

発達障害者こそ才能に頼って生きるべき 発達障害というと何かが「弱い人」のイメージがありますが、世の中には発達障害(推定含む)を活かして、活躍している人もいます。そもそも活躍している人は社会で成功してい …

No.62ポジティブな言い換え

自己卑下 オープンチャットADHDのライフハックではその特性ゆえか「私は不器用で…」「後先考えずに動いてしまって…」的な会話がちらほら出てきます。こういう言葉って選んでいるわけではなく無意識に発言して …