ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

2思考のクセ・他者理解

No.14(思考のクセ)抽象度を上げて考えよう

投稿日:2020-05-09 更新日:

頭のいい人はよく「抽象度」という概念を使っています。最近読んだ本で「抽象度」という概念について理解したのでシェアしたいと思います。

抽象度とは要素間の関係性

ある複数の要素をもついくつかの集合を考えます。そして、その集合どうしの関係を考えていきます。例えば、「動物」という集合がありますが、これは「生物」という集合の中の一部分と考えられます。その「動物」という集合の中には「哺乳類」という集合や「爬虫類」という集合があったりします。「哺乳類」という集合には「犬」という集合や「猫」という集合、「人間」「馬」⋯⋯などの集合があります。

パソコンのフォルダのように「生物」フォルダが「動物」フォルダを含み、「動物」フォルダが「哺乳類」フォルダを含み、「哺乳類」フォルダが「犬」フォルダを含んでいます。このとき、上位にあるフォルダほど「抽象度が高い」と表現します。

また、「犬」よりも低い抽象度の概念もあります。「ポメラニアン」とか「土佐犬」などです。抽象度が高くなる(上がる)と当然ながら抽象的になり、抽象度が低くなる(下がる)と具体性が増すことになります。

あるいは、「私」という集合(この場合は要素は一つと考えられますがそれでも集合と言えます)と「家族」という集合があった場合、「家族」の方が抽象度が高い概念になります。
「家族」よりも「地域(近所)の人たち」、「地域の人たち」よりも「市区町村の人たち」「都道府県の人たち」「日本の人たち」「アジアの人たち」「世界の人たち」「宇宙の生物たち」というように抽象度が上がると対象が広がったり、範囲そのものが壮大になります。この抽象度を上げ続けられる人は、目標の実現可能性も高いという話でした。

夢も抽象度を上げる

この本では「抽象度が高い=夢(人類レベル)」「抽象度が低い=目標(個人レベル)」と書いていました。抽象度の高い夢を持つ人は、それを叶えるためにその手前の目標を突破するはず、という論理でした。また個人の域を出ない目標達成レベルでは夢とは言えず幸福度も低いという事でした。例えば「自分の幸せ」と「家族全員の幸せ」とどっちがいいかと言えば、エゴイストを除けば、普通は後者のはずだから、という論理です。

そして、「家族」より「地域」、「市町村」「都道府県」「日本」「ァジァ」「世界」「宇宙」というように、より抽象度の高い範囲の人たちが同時に幸せになれたほうがいいはずです。(宇宙レベルとなると私なんかでは想像も及びませんが)ということは、夢も抽象度が高い方がいいということになります。多くの人が幸せになれるという意味でもそうですし、現状からよりかけ離れているので、実現への推進力が高まるという意味でもそうです。

臨場感との兼ね合い

ただし抽象度が高まると臨場感が下がる(イメージしづらい)という問題もあります。突然「宇宙全体の幸せを考えよ」と言われても、普通の人は簡単にはイメージしづらいのと同じです。自分の幸せだけ考えていた人に、いきなり「世界全体の幸せを詳細にイメージしなさい」と言っても難しいわけです。

そこで「自分の幸せだけでなく、家族全員の幸せを考えなさい」くらいなら何とかできるので、「今より一段階かに段階だけ抽象度を上げて考える」ことからは始めればいいですよ。そして、臨場感を損なわないような範囲で更に抽象度を上げていけばいいわけです。そのための訓練が、「普段から一つ抽象度を上げて物事を認識する」というものです。「犬」を見たら、それよりも抽象度の高い概念で捉える努力をします。でも、いきなり「生物」と思うのではなく、「哺乳類」くらいに留めて、臨場感を維持します。「車」を見たら、「工業
製品」ではなく「乗り物」くらいに捉えます。

このように、一つだけ抽象度を上げて物事を捉える訓練を繰り返していくと、遠い先にある夢の実現についても臨場感を損なわずにできるようになっていく、という話でした。

スモールステップ(小さな目標で成功体験を積み上げる考え)もこれと似たようなものに感じる方もいるかもしれませんが、夢という「最終ゴール」から目標という「現実ゴール」に近づく点が以前の記事に書いた逆算思考に近いのかなと思いました。私もこれまで立てた目標が三日坊主で終わったのも臨場感が弱かったのかな?という観点で考え直してみようと思いました。

ついで話

雑誌の対談で語った一言が妙に頭に残っているので記事にしたいと思います。石原良純氏が芸能会に入るときに、叔父であり大御所でもある裕次郎氏に「芸能界で生きていく上で大事なことを教えてください」とアドバイスを求めたところ、返事はたった二言だったそうです。「1.時間は守れ」「2.挨拶をきちんとしろ」

大スターだけに回答もシンプルですね。良純氏はこれを聞いて、1.はすぐに分かりかならず現場には30分前には入ることにしたそうですが、2.で苦労したそうです。良純氏は最初楽屋の挨拶回りを徹底したそうです。確かに、挨拶をせずに嫌われたり、存在感のない挨拶でだれにも覚えてもらえず、結果として出演機会も減ってしまう。これは確かなのですが、いつも大きな声で

「おはようございます!」

と楽屋訪問やっていたそうです。一般的には礼儀正しく自分を印象づけるには良いことなのですが、芸能会の大御所には、そんな自己主張強めに見える態度が「自分の地位をおびやかす気に食わんやつ」と取られ、共演NGになったこともあったそうなんですね。
そこで良純氏はもちろん「どんなトーンで挨拶すればいいですか?」と相手に直接聞くわけにはいかないので①徹底的に先輩たちのキャラクターを把握し②誰にはどう接するべきかという学習を始めたんです。裕次郎氏に言われた「きちんと」の意味を彼なりに解釈した答えがこれだったわけなんですね。

曖昧さを含むアドバイスは言葉の意味を考えぬかなければいけないんだなという事を学んだ記事だったので追記しておきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-2思考のクセ・他者理解

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

No.51(他社理解)キレ(られ)ないための処方箋

私は人の顔色に敏感というか表情や声のトーンで「何か不機嫌なコトあったのかな?」「口調は普通だけど怒ってるな」とかいう雰囲気を察するのが得意なんですよね。でも気づいたうえで気の利いたことを言うのは苦手で …

No.16(思考のクセ)自己肯定感

エフィカシー(自己能力感:自分の能力を信じる力)について前の記事で書きましたが、①エフィカシーの持ち方、②結果の捉え方についてお伝えしたいと思います。 エフィカシーの持ち方 先にエフィカシーを下げてし …

NO.40(思考のクセ)メタ認知

考え方の癖 最近参加しているオープンチャットで困りごとや悩みを聞くにつけ思うのですが、ADHD(発達障害)の人は生活に仕事に課題をたくさん抱えていて、本当に多岐にわたるということを実感します。 ADH …

No.62(思考のクセ)感情を言い換える

今回は発達障害者には必須スキルとも言える気持ちの切り替えについて書きます。よく失敗を引きずって更に別の失敗をしたり、日常生活の失敗を仕事に引きずったりと、失敗を一度で完結できない悩みをよく聞きます。 …

No.7(思考のクセ)伝えるコツ(氷山モデル)

聞き手がわかるかどうかを想像せずに思ったままの言葉を話して相手に(・・?という顔をされたり、伝わるには伝わったけど勘違いされたりした経験ありませんか?他にも「自分の伝えたいことを正確に伝えよう」と張り …