ADHDの生き方探し

得意な生き方を選んで一度きりの人生を充実させましょう。

未分類

No.11中小企業診断士への決意

投稿日:2020-05-03 更新日:

中小企業診断士という資格があるのですが皆さんご存じですか?

名前のとおり中小企業の経営を支援するための資格です。ヒトモノカネが大企業と比べて不足する中小企業の立ち上げや経営改善のためのコンサルタントとして活躍するための資格です。

しかし、弁護士や公認会計士や税理士や行政書士のように、資格を使った独占業務(その資格がないとできない仕事)がないのです。取得者のほぼ9割がサラリーマン(企業内診断士)という悲しい資格、そんなところを皮肉って、サラリーマン検定なんて呼ばれたりもします・・・

ただ試験に合格するのは簡単ではなく、一次試験25%、二次試験20%で合格率5~6%という難易度だけは微妙に高い資格なんですね。この資格私は2008年から落ち続けています。(;^_^A

私はADHDであり、適性として中小企業診断士に向いているのか?という葛藤もあります。例えば
・抽象的な思考や分かりやすい説明をするのは苦手
・ミスや勘違いが多い
・焦りや不安でパニックを起こしやすい
という日常生活でも不安な事が多いのですが、この試験は制限時間内に読む量や書く文字数や計算量が多く、過去の試験では時間内に答案を埋められたことがないくらいです。

時間に追われるような感じで受けていると問題文ページを飛ばして意味が分からないと考えていて読み始めて30分後に気づき、焦ってパニックになったり、問題の意図を読み間違えて、模範解答と全然違うことを書いて撃沈したことも多々あります。

そんな資格をなぜ落ち続けても懲りずに受けているのかというと、最初はサラリーマンとして箔を付けるつもりでした。今はいつかADHD(発達障害)支援の団体を作るためのノウハウを身につけるためです。こういう障害者団体は金銭的に経営が苦しくなると思うので、協賛企業を募るアイデアや自治体から補助金をもらう知識もこの資格を得ることで得られると思うんですよね。交流会にも足を運んで人的ネットワークも広げようと思っています。

と夢だけは語っていますが、先ほど言ったとおり落ち続けている資格(2次まで過去5回行きましたが、すべて跳ね返されました…)なので大きなことは言えません。生半可な努力では受からないという危機感は持っています。それでも受かりたい。夢もありますが意地もあります。ライフワークの一環として、人生を前向きに生きるために、自分の中の苦手意識の克服の意味でも、この企業診断士合格を目指そうと思っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保護中: 発達障害役立ちファイル(ダウンロードできます)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

No.4優生思想

今回はオープンチャットで出てきた「優生思想」という言葉から思ったことを話します。チャットでは「外国での出来事」として語られていましたが、外国だけのお話ではありません。 日本では一部の障害者が社会から排 …

No.7GW突入

GW(ゴールデンウィーク)突入の2日前の夕方に急遽記者会見した東京都知事。都内の各企業(その後首都圏に広がったが)に4/25から12連休取るように依頼しました。自分は今年の1~3月は朝6時半起きの22 …

No.26つぶやき

6月ですね~緊急事態宣言明けの新しい生活がこれから始まります。 「新しい環境」はADHDの苦手とするところですが、週2~3日の通勤で残りは在宅勤務というのは、むしろ通勤ストレスが減って歓迎すべきことな …

No.53自分本位で行こう(つぶやき)

今回の話は自分に言い聞かせたいために書くのですが、まずは以下の記事を読んでみてください。*このコラムの筆者とは面識はないです。 「嫌われる勇気」を読んでみた!アドラーに学ぶ自分本位に生きる方法とは?! …